研究・研修会 兵庫県 中学校美術Q&A

「中学校美術Q&Ain兵庫」発表の様子

 

 

IMG_3273

2014年5月10・11日に行われた中学校美術Q&Ain兵庫では、二日間で106名の方にお集りいただき、多くの学びを共有できた会となりました。
※以下、中学校美術Q&Ain兵庫の様子を、中学校美術ネット運営メンバーの加藤がレポートさせて頂きます。


IMG_3141

IMG_3155

<基調提案>山崎 正明
北翔大学教育文化部教育学科准教授/中学校美術ネット代表

学習指導要領改訂の度に減らされてきた美術の授業時間。
しかしこれに対してこれまでに山崎先生は、メーリングリストやブログを通じて、全国の先生方と一緒になって美術教育の価値を訴える取り組みを行ってきました。この取り組みから強く感じたことは「意思表示をするから相手に伝わる」「つながりが力になる」ということ。

いよいよ本格的に内容が決定していく次回の学習指導要領改訂!
今回の改訂のキーワードとなるのは「21世紀型能力」
ここを抑えて行くためにも、保幼小中高大の児童生徒たちの学びを見通した美術教育を考えて行くことがますます必要になっていきます。
(岡山大学の大橋功先生からは、こうした活動のひとつとして、幼児期から小学校の低学年の造形教育の見つめていく「美育文化ポケット」の取り組みもご紹介頂きました!)

よりよい子どもたちの学びを広げ深めて行くために、まずは授業の質(Quality)を高めること、そして美術教育の価値を訴える行動(Action)を起こそう!という基調提案で、中学校美術Q&Ain兵庫が開催しました!


IMG_3165

IMG_3188

IMG_3189

<実践発表1>つながりたいわ〜ず
兵庫県小学校・中学校・高等学校教諭チーム

小学校教諭3名、中学校教諭8名、高等学校教諭2名からなる兵庫県教職員チーム「つながりたいわ〜ず」のみなさんからは、「対話のあるQ&Ain兵庫のために」というタイトルでご発表を頂きました!
Q&Aを含めてこれまでの研究会では、限られた時間の中で発表者と参加者全員との交流が困難でした。これを解消し、さらに研究会を「対話からつながりをつくっていく」場にしていこうというコンセプトから「たいわ〜く」という活動のご提案いただき、この活動の練習(たいわ〜くストレッチ)を参加者全員で楽しみました!

たいわ〜く」は、実践発表が終わる度に、会場の壁に掲示された模造紙に参加者のみなさんがそれぞれ付箋紙に気づきや感想を記入して貼る。そしてそれに対してもさらに付箋紙を貼り返してコメントしていく。というシンプルなワークで参加者全員の交流を見える化していきます。

もちろん付箋紙上だけでなく、このやりとりが見える模造紙の前でもたくさんの対話やつながりが生まれていきます。
開催後も多くの広がりが生まれるQ&Ain兵庫になりそうです!


IMG_3203
<実践発表2>秋山道広
兵庫県芦屋市立精道小学校

兵庫県にて図工専科として授業を行っている秋山先生からは、図工の時間の「入口と出口」という視点からこれまでの授業実践をご紹介頂きました。

子ども達の何を学ばせたいのかを考えて授業づくりを行いながらも、作品展を前にするとついつい教師には「こんな作品をつくらせたい」という想いが芽生えてしまい易いこと。そしてそれは例え言葉にしなくても、子ども達は教師の目から、敏感に感じ取ってしまう事例などから、
あらためてその題材が「子どものたちにとって」、安心して無理なく、そして深く、魅力的な、入口出口になっているかということを問い直しながら、粘土を使った造形遊びや図工展の取り組みについてご紹介頂きました。


IMG_3224

<実践発表3>
佐々木一右衛 兵庫県神戸市立本多聞中学校

中学高等学校間でも異動のある神戸市の佐々木先生からは、中学校と高等学校の両方で取り組んでこられた「地域との連携で育つ」美術教育の授業実践を発表頂きました。

学校の食堂や、神社、旅行会社、そして郵便局など連携をはかりながら動画制作をしたり、課題解決型のデザインに取り組む中で、生徒達が試行錯誤しながら工夫して提案や制作をしていく様子をご紹介頂きました。

様々な職種の地域の方々と生徒を繋げて行く中で、多くの大人達が「子ども達に伝えたいこと」をたくさん持っていること。そして子ども達も学校外の地域に関心があることを感じたというお話からは、地域と学校教育がつながれる大きな潜在性と、その中で美術教育で子ども達の学びを引き出せる可能性を感じました。


IMG_3242
<実践発表4>遊免寛子
兵庫県立美術館 教育支援・事業グループ 主任学芸員

美術館と学校を結ぶコーディネートする遊免さんからは、兵庫県立美術館のご紹介と、美術館で取り組んでいる団体鑑賞、こどものイベント、職場体験(とらいやるウィーク)、出前授業についてお話し頂きました。

小学生と中学生の団体鑑賞のお話からは、小学生に比べて中学生の方が積極的に意見する生徒は少なくなる傾向があるものの、作品からその状況や内面性に気づいていく発言や独自の視点や方法で鑑賞していく工夫が見られるといったお話を頂き、小学生・中学生それぞれだからこそできる学びについて考えることができました。


IMG_3256
<実践発表5>辻政宏
岡山県岡山市立東山中学校

「いかなる生徒も受容する。」という想いの下で、授業を受ける生徒ひとりひとりが、題材を本当に自分のものにしていくことができているかということを厳しく問い直しながら行ってきた授業実践を発表頂きました。

生徒ひとりひとりの個性を受け止めて行く中で、考えて出していった授業として、色画用紙の切り絵から展開して行く題材や、共同制作の授業実践を発表頂くとともに、辻先生ご自身が様々な研究会で学んで参考にしてこられた授業作りのポイントもご紹介頂きました。

生徒達との試行錯誤で笑いと涙のある授業実践のご紹介からは、「ひとりひとりの存在価値」を認めていく大切さの深さを感じることができました。


IMG_3281
<実践発表6>内藤年彦
兵庫県神戸市立本山南中学校

学年全体で取り組んでいるギター演奏を使っての教育活動と繋がりながら、この活動から展開していく題材、学年歌のCDジャケット、ギター用の名札、オリジナルTシャツの作成、学級旗の授業実践をご紹介頂きました。

「作品ありきの授業になってはいないか。」「しかし全体で共同制作をしていくことによって、所属感が高まっているのではないか。」「評価は難しい題材になっていないか。」「しかし今しかできないかけがいのない題材になっているのではないか。」といった実践それぞれの中に起こる授業づくり段階での葛藤の想いもご紹介頂き、発表終了後も“たいわ〜く”を通して会場全体でその葛藤について共に考えることもできました。


IMG_3304
<講演>奥村高明
聖徳大学児童学部教授

知らず知らずに生まれている大人と子どもの考え方のギャップ・視点の違いについて、発達・文化的な観点や、実際に教室で起こりがちな教師と子どもとのやりとりの事例を通してお話し頂きました。

子どもたちの視点での気づきをしっかりと受け止めていくためのヒントとして「子どもの視線をみる」「子どもの手元をみる」「子どもの動きをみる」「子どもの対話をみる」というポイントをご紹介頂き、改めて注意深く子ども達の学びを見つめ続けていくことの大切さを実感することができました。

また子どもたちはあらゆる環境が整ってこそ「子ども」としていられることを踏まえ、その環境を整えて行く教師という役割の大切さや、そのやりがいについてお話しを頂き、大変励まされる講演会となりました。


 

 

« »

研究・研修会 東京都

2018年2月24日  AI 時代の「ひととAI」 

2018年2月24日  AI 時代の「ひととAI」 AI時代の「ひとの学び」を考える教育シンポジウム 会場 女子美術大学 杉並キャンパス7号館     関連

続きを見る

研究・研修会 美術館との連携 美術教育関連ニュース 大分県

2018年3月17日「美術によるまなび研究会 ミニ in 大分」

2018年3月18日 大分県立近代美術館で「美術によるまなび研究会 ミニ in 大分」が開催されます。 テーマは「美術教育のこれまで、これから」 関連

続きを見る

研究・研修会 群馬県

2018年2月11日 群馬 「地方の美術教員養成と美術科教育を考える」

「群馬大学美術教育」展 日時:1/31(水)〜2/11(日) 10:00〜17:00 ※入場無料 https://www.facebook.com/events/148067809245020/ 「緊急シンポジウム:群馬…

続きを見る

作品展 新潟県

2018年 1月27日(土)新潟で「GCL国際ジュニア映画祭」

「GCL国際ジュニア映画祭」は、子どもたちの表現した映像作品の国際交流を目指す企画です。 <グローバルシネリテラシー・プロジェクトについて>  児童・生徒の制作した映像作品を国際的に交流する「グローバル・シネリテラシー(…

続きを見る

美術館との連携 作品展 北海道

2018年1月24~28日 釧路市立美術館 中学生の美術の授業展「Answer Art展」

2018年1月24~28日 釧路市立美術館 中学生の美術の授業展「Answer Art展」が開催されます。 関連

続きを見る

研究・研修会 山形県

2018年2月10~11日 「美術による学び研究会」山形大会

2018年2月10~11日に「美術による学び研究会」山形大会が開催されます。幼児教育から大学教育まで幅広いスタンスで美術教育を考える場になります。また鑑賞では映像を扱ったものが発表されます。     …

続きを見る

作品展 全国

第6回 「カーデザインコンテスト」中学生・高校生・高専生対象

中学生・高校生・高専生対象とした 第6回 「カーデザインコンテスト」が開催されます。締切は1月20日。 なお、詳細は「カーデザインコンテスト」 非常に充実したサイトです。 関連

続きを見る

研究・研修会 埼玉県

2018年 埼玉 全国高等学校美術、工芸教育2018埼玉大会

2018年8月8日(水)〜10日(金) 「全国高等学校美術、工芸教育2018埼玉大会」 会場 大宮ソニックシティ 関連

続きを見る

美術教育関連ニュース 新潟県 福島県

11月25日 福島 11月2シネリテラシーフェスタ2017

映画館でシネリテラシーフェスタ 授業で生み出された映像メディア表現を通して、これからの美術教育の一つの在り方を提言。 フォーラム福島は11月25日(土) 新潟・市民映画館シネ・ウインドは12月2日(土)   &…

続きを見る

作品展 東京都

2017年12月 東京 「障がいとアーツ」

藝大アーツ・スペシャル2017「障がいとアーツ」 会場 東京藝術大学奏楽堂(大学場内) 会期 12月2日〜3日 関連

続きを見る

作品展 山梨県

2017年11月 山梨 「山梨県高等学校芸術文化祭」

第38回 「山梨県高等学校芸術文化祭」 展示部門(美術・書道・写真)は 11月21日(火)〜11月26日(日) 展示会場は 山梨県立美術館       関連

続きを見る

研究・研修会 全国 秋田県

2018年7月 秋田 「全国造形教育研究大会 秋田大会」開催

全国造形教育研究大会 秋田大会 平成30年7月30日(月)31日(火) 会場 秋田キャッスルホテル 授業会場 山王幼稚園、秋田市立明徳、秋田大学教育文化学部付属小学校・中学校・支援学校、秋田県立美術館 他 (予定) 主催…

続きを見る

研究・研修会 全国 奈良県 美術教育関連サイト〈団体〉

2018年11月 奈良 「第 69 回 造形表現・図画工作・美術教育研究全国大会 ( 奈良大会 )」開催

「第 69 回 造形表現・図画工作・美術教育研究全国大会 ( 奈良大会 )」 〔大会日程等〕 平成30年11月15日(木)・16日(金) 会場 全体会:奈良県文化会館 分科会・授業公開:県内幼稚園・保育所(園)・小学校・…

続きを見る

研究・研修会 全国 東京都

2018年2月17日 東京 全美協主催「造形美術教育フォーラム」

開催日:2018年2月17日(土) 会 場:東洋大学 白山キャンパス 東京都文京区白山5丁目28−20      2号館16階スカイホール 時 間:12:30~受付、13:00~17:00 主 催:全国大学造形美術教員養…

続きを見る

作品展 北海道

北海道 江別市中学校・高校 美術部合同展

2017年11月18日から 北海道江別市において「第3回 江別市中学校・高校 美術部合同展」が開催されます。会場は江別市セラミックアートセンター。 なお会期中には 美術部員を対象とした「陶芸教室」も開催されます。  主催…

続きを見る

作品展 全国

第9回 全国学校図工・美術写真公募展 

日本広告写真家協会(APA)が、美術救育関係者と共に「美術の授業のカメラ」といい取り組みを続けています。以下の趣旨を APA(エーピーエー)のサイトから転載します。(山崎正明) 「第九回 全国学校図工・美術写真展」のため…

続きを見る

研究・研修会 岡山県

11月14日15日 岡山で「造形表現・図画工作・美術教育の研究大会」 

2017年11月14日(火)15日(水) 「第68回 造形表現・図画工作・美術教育研究全国大会」「第33回 中国五県造形教育研究大会」岡山大会 大会テーマ「おもいを育み つながり ひびきあう造形教育」 関連

続きを見る

美術教育関連ニュース

「美術による学び研究会 in 山形」

2018年2月10日「美術による学び研究会」が山形で開催されます。会場は「山形テルサ」詳細は10月中旬に「美術による学び研究会」ウェブサイトで公開されます。 関連

続きを見る

facebook

twitter