研究・研修会 神奈川県 中学校美術Q&A

「中学校美術Q&Ain神奈川」発表の様子

 

 

IMG_2156

2014年2月22・23日に行われた中学校美術Q&Ain神奈川では、二日間で108名の方にお集りいただき、多くの学びを共有できた会となりました。

※以下、中学校美術Q&Ain神奈川の様子を、中学校美術ネット運営メンバーの加藤がレポートさせて頂きます。

 


yamazaki
<基調提案>山崎 正明
北海道千歳市立北斗中学校教諭/中学校美術ネット代表

学習指導要領改訂の度に減らされてきた美術の授業時間。
これまでに山崎先生が美術教育の価値を訴える取り組みから感じられたことは、「意思表示をするから相手に伝わる」「つながりが力になる」ということ。
そして充実した美術の授業時間を残して行くためには、次回学習指導要領改訂について話し合われる時期を予測した2014年までに、一般の方にも「美術の授業も大切」と思っていただくことが大切!
そのためにはまずは授業の質(Quality)を高めること、そしてそれから美術教育の価値を訴える行動(Action)を起こそうという基調提案で、中学校美術Q&Ain神奈川が開催しました!

 


morimoto
<実践発表1>森元勇気
神奈川県厚木市立睦合中学校教諭

「神奈川県のイメージカラーって何だろう?」という投げかけや、クラスメイトの素敵な所を紹介し合う「いいところカード」を導入として、
「あなたとわたしのイメージカラー」という題材で、クラスメイト全員のイメージカラーを作るという授業実践をご紹介頂きました。

まずクラスメイトそれぞれのイメージカラーをカードに塗り、その色を創った理由等を裏面に書き、交換し合う中で、相手のことを考えて楽しみながら色作りを考えたり、自分やクラスメイトのイメージカラーカードの鑑賞を通して、新しい色のイメージ、そして知らない自分やクラスメイトの側面との出逢いがある活動をご紹介頂きました。

 

 


takano
<実践発表2>鷹野晃
山梨県北杜市立須玉中学校 教頭

「将来何の役に立つのか分からない。」この言葉は、どの教科にも子どもから問われる言葉ですが、受験教科でない美術は子どもからより厳しく問われているのではないか。また授業時間数と児童生徒数の減少によって複数校勤務の美術教諭が増加していることから、普段の子どもの姿が見えにくくなり、美術が子ども達の表現を受け止めることがどんどん難しくなるのではないか。
・・・美術はもはや「絶滅危惧学習」になっているのではないか。

という投げかけから、美術教育のこれからを考える発表を頂きました。美術の授業の4観点を子ども達の言葉で考えて掲示し学びを実感していくことができる授業づくり取り組みや、また今後人口減少の影響から「異文化理解」も美術教育のひとつの大きな意義になるのではないかという示唆をご紹介頂きました。

 


hawawaki
<実践発表3>濱脇みどり
東京都西東京市立田無第一中学校教諭

「自分の今」を、色、形、材料、方法、どうやって表すか。
対象の色や形、質感等のありように触れ、感じ、味わいながら、自分と向き合ったり、また見知らぬ他者に想いをはせてみるということを軸にした授業実践をご紹介頂きました。

学年が変わって行くにつれて一人一人の子どもの作品の「変容」していく様子、そして「変わらなさ」もご紹介頂きながら、その両方を大切に「一人一人の子どもがその人自身になっていく。そういう活動を提供し、見守り、支援していく」ことを大切にした美術の授業実践についてご発表頂きました。

 

 


kamo
<実践発表4>加茂千景
静岡大学教育学部附属島田中学校教諭

誰かと比べることで自分たちの価値をつくっていってしまう「対比」ではなく、向き合うこと、語り合うことで心の共鳴を引き起こし、新たな価値観を生み出して行く「対話」の活動を大切にした授業づくりについてご紹介頂きました。

ピカソの作品の鑑賞と、修学旅行の沖縄での体験のふりかえりをきっかけに、様々な対話を通して「命の輝き」というテーマで切り絵に取り組んでいった授業実践についてご紹介頂きました。

自分の表したい物に向き合い、黙々と制作に打ち込んだ後は、友達との鑑賞会を楽しみにする生徒達の活動の様子のお話が印象的でした。


iwasaki
<実践発表5>岩崎知美
神奈川県川崎市立田島中学校教諭

「地域と共に生きる美術教育」をテーマに、地域の人と、地域の場の活用、地域の素材や施設の活用した、美術教育の価値を発信するアクションに関わる実践。
「マイクラスキャラクターをつくろう」「掛け軸風にしつらえる」「街の中のカタチ」「伝える絵文字」といった、外と関わりながら取り組む実践や、外に発信する授業のクオリティに関わる実践について発表頂きました。

美術の活動を教室だけで完結させること無く、美術を教室の外へ広げて行くことで、美術自体の活動もより深まっていくことを強く感じました。

 


tanaka
<実践発表6>田中 晃
川越市立美術館主幹

様々な美術館の取り組みの中でも、中学校美術科と連携した美術館の取り組み、「美術館利用研究会の編成」、「中学校1年生を対象とした夏の美術館ガイド」、「夏休みの中学生を迎える“びっくりアート”」、「川越市立中学校美術部の祭典の開催」、「図工美術わくわくフェスタ」をご紹介頂きました。

また美術館では困難なこと(すべての中学生に継続的な教育ができるわけではない等)、美術館だからできること(情報を広く学校にでき、集まる機会を提供できる。)をご紹介頂き、美術館と学校とが連携し子ども達の学びをもっと広げられる余地を感じることができました。


amagata
<講演1>天形健
福島大学人間発達文化学類教授

これまでの美術教育ふりかえるために、北川民次と久保貞次郎と「創造美育学会」、そして「新しい絵の会」の教育について解説・ご紹介を頂き、改めて描画行為から見とれる子ども達の認識の発達についてご講演頂きました。
「クレヨンを渡せば、線による形の認識を。色紙を渡せば、面による形の認識を促すことにも繋がる」というお話は、改めて我々が提供する環境のひとつひとつによって、子どもに促す影響が異なってくることに気づかされるお話でした。


kanaami
<実践発表7>金阿彌勉
神奈川県横浜市立いずみ野中学校教諭

身近な素材を使った『鋳造』による制作をしていった授業実践をご紹介頂きました。金属という素材は生徒達にとっては新鮮な素材であるために、それだけが面白い体験活動となってしまわないように、その素材というの関わり中で何を学ばせたいのか。何を身につけさせたいのか。というところに考察を重ねた授業実践を発表頂きました。
生徒達が実際に鋳造制作を体験したり、そして作品を実際に使ってみての感想を報告する中で、素材の持つ魅力や特徴へ気づいていく様子をご紹介頂きました。

 


ogishima
<実践発表8>荻島千佳
神奈川県横浜市立上飯田中学校教諭

ひとつひとつの題材でねらいとしている学びを何度も繰り返し問いかけ続けることで生徒達の力を「引き出させる授業」の実践発表を頂きました。
学びのねらいを明確に教師自身が持つこと。そしてその学びへの支援として、叱り、褒め、徹底的に問いかける関わり方が、生徒の力を「引き出させる」ことにつながっていくことを強く感じました。


mithikoshi
<実践発表9>道越洋美
静岡県藤枝市立高洲中学校

日本の伝統文化を題材にした実践発表頂きました。
伝統文化の題材を通して何を学ばせたいのかを明確にし、花を生ける様子や伝統文化を守る人たちの生き方にも触れた鑑賞と、制作活動を繰り返していく中で生徒の力を育む授業づくりについてご紹介頂きました。
また発表の最後には「美術教師の感性を全ての教育活動に」というご提案頂き、子ども達と教師の取り巻く環境を広く捉えて教育に関わることの大切さを改めて感じました。


IMG_2085
<講演2>東良雅人
文部科学省初等中等教育局教育課程課教科調査官

「子ども達が自分の中で新しい価値をつくりだす創造活動」〜活動の主体者の内面に重点を置いた授業づくり〜というテーマでご講演を頂きました。
学習指導要領で示された観点を整理して解説頂き、さらなる授業改善の余地を確認することができました。


 

 

« »

  • 大会のご盛会ご成功おめでとうございました!

  • KatoKoji

    ありがとうございます!今回は学校という環境をご提供頂いたために、参会頂いた先生方はみなさん慣れた雰囲気の中でよりアットホームで生き生きとした会になったように思います!

  • Masaaki Yamazaki

    辻さん、このようなコメントが入ると、何か見守ってくれているんだなあと思ってうれしくなります。岡山がまるではるか昔のことのように感じます。すごいスピードで動いている感じです。

  • 兵庫大会で、皆様とごいっしょできるのを楽しみにしております。よろしくお願いいたします。

  • 矢崎 ひさ

    1日のみの参加でした。心を看取る教科指導のあり方は,大いに考えさせられました。また、美術室に展示された全学年の『発想ノート』。美術室の板書をはじめ道具の整理方法なども日頃の活動を見ることができました。会場校の鈴野先生。重ねて感謝を申し上げます。
    過去に何度か参加しているQ&A。じわじわと,自分の授業,地域に還元していきます。

研究・研修会 北海道

10月5日 新しい学習指導要領「図画工作」を語り合う会@札幌

関連

続きを見る

研究・研修会 北海道

2019年7月30日 北海道 旭川で全道造形教育研究大会

関連

続きを見る

作品展 埼玉県

埼玉9月16-23日 うらわ美術館 「図工・美術の授業展2018」

関連

続きを見る

作品展 大分県

8月17-30日 大分県 津久見市立第一中学校「アートと言葉の時間展」

関連

続きを見る

研究・研修会 奈良県

2018年11月15日16日 造形表現図画工作美術教育研究大会 69回 奈良大会

造形表現図画工作美術教育研究大会 69回 奈良大会   関連

続きを見る

研究・研修会 青森県

2019年 東北造形教育研究大会青森大会

関連

続きを見る

研究・研修会 北海道

8月16日17日  日本実践美術教育学会 札幌大会

日本実践美術教育学会     関連

続きを見る

研究・研修会 東京都

8月3日 東京 「新学習指導要領に基づく美術科学習指導の工夫・改善」

関連

続きを見る

研究・研修会 美術館との連携 北海道

2018年8月2日3日 札幌〜美唄 美術による学び研究会 ミニ in 北海道

参加費 1000円(学生は無料) 懇親会費(4000円)当日会場でお支払いください。 申し込みは、e-mailでお願いします。 yamazakimasaaki@mac.com 宛で、メールの件名は「学び研」としてださい。…

続きを見る

研究・研修会 東京都

東京 2018年8月25(土)26(日) 表現ワークショップ テーマ「Ai時代を生き抜く力」

関連

続きを見る

作品展 北海道

「キミの好きな北海道は?小学生・中学生・高校生の絵はがき展」

関連

続きを見る

研究・研修会 北海道

2018年8月2日3日 「美術による学び研究会 ミニ」 in 北海道

2018年8月2日3日 「美術による学び研究会 ミニ」 in 北海道 を開催します。詳細は後日「美術による学び研究会」webサイトで。   関連

続きを見る

作品展 秋田県

2018年2月27日〜3月20日 秋田 「美術の時間展」西仙北中学校

2018年2月27日〜3月20日 秋田 「美術の時間展」(西仙北中学校)が アートギャラリーカフェ「ブランカ」(大仙市大曲中通町316)で開催されます。 関連

続きを見る

研究・研修会 東京都

2018年2月24日  AI 時代の「ひととAI」 

2018年2月24日  AI 時代の「ひととAI」 AI時代の「ひとの学び」を考える教育シンポジウム 会場 女子美術大学 杉並キャンパス7号館     関連

続きを見る

研究・研修会 美術館との連携 美術教育関連ニュース 大分県

2018年3月17日「美術によるまなび研究会 ミニ in 大分」

2018年3月18日 大分県立近代美術館で「美術によるまなび研究会 ミニ in 大分」が開催されます。 テーマは「美術教育のこれまで、これから」 関連

続きを見る

研究・研修会 群馬県

2018年2月11日 群馬 「地方の美術教員養成と美術科教育を考える」

「群馬大学美術教育」展 日時:1/31(水)〜2/11(日) 10:00〜17:00 ※入場無料 https://www.facebook.com/events/148067809245020/ 「緊急シンポジウム:群馬…

続きを見る

作品展 新潟県

2018年 1月27日(土)新潟で「GCL国際ジュニア映画祭」

「GCL国際ジュニア映画祭」は、子どもたちの表現した映像作品の国際交流を目指す企画です。 <グローバルシネリテラシー・プロジェクトについて>  児童・生徒の制作した映像作品を国際的に交流する「グローバル・シネリテラシー(…

続きを見る

美術館との連携 作品展 北海道

2018年1月24~28日 釧路市立美術館 中学生の美術の授業展「Answer Art展」

2018年1月24~28日 釧路市立美術館 中学生の美術の授業展「Answer Art展」が開催されます。 関連

続きを見る

facebook

twitter