岡山県 中学校美術Q&A

「中学校美術Q&Ain岡山」発表の様子

 

 

 

中学校美術Q&Ain岡山での発表の様子を一部公開させていただきます。
今回、動画の公開にご協力頂きました発表は、以下の2つの発表となります。

 

大橋 功 先生(岡山大学大学院教育学研究科准教授)
「子どもの作品の読み取りー子ども自らが主題を生み出す過程をみながらー」

 

 

チーム岡山(岡山県公立小中学校教諭)
前半:発表者 辻 政宏 先生(岡山市立東山中学校教諭)
「岡山県における小中連携へ向けた取り組み」

後半:発表者 井口 敬 先生(倉敷市立庄中学校教諭)
「アート・トラベリング・トランクの開発と実践使用について」

 

 

以下、中学校美術ネット運営メンバーの加藤が、発表内容の概要をご紹介させて頂きます。


「子どもの作品の読み取りー子ども自らが主題を生み出す過程をみながらー」 スクリーンショット 2013-02-10 0.16.03

大橋先生の発表では、自分の良さや役割を発揮でき、そこから認め合い、学び合える「みんな違ってみんな良い」を本当に実現できる美術の授業。そして「子どもの芯に届く」美術の授業を目指して行きたいというお話から始まり、そのためには、児童・生徒達の発達段階に合わせて子どもたちの想いを引き出すということが大切であるということを確認して頂きました。

 

その後は、子どもたちの想いを引き出しているようで、実は誘導的な側面を持ってしまっている授業展開例を解説して頂き、次に一見うさぎが椅子に腰をかけているように見える幼児の絵などを見ながら、そこにあるたくさんの子どもの想いや発見についての解説して頂き、「作品に対して子どもの想いがある」ということの大切さについてお話を頂きました。

 

 

そしてこの 「想い」を引き出す授業を作って行く上で大切なことは、現状の児童観・生徒観に根付いた「授業構成力」であるというお話で締めくくって頂きました。

 


「岡山県における小中連携へ向けた取り組み」

スクリーンショット 2013-02-10 0.18.53

 

辻先生からは、小中連携グループへの取り組みと、活動内容についての実践報告をお話頂きました。

 

辻先生は、附属中学校で実践研究をされていた経験を背景に、個人(一つの研究校だけ)ではなく他の学校の仲間と研究を共有できれば、より良い授業の発展に繋がるではないかという想いから、精力的に様々なグループや研修企画を立ち上げた、お話を頂きました。

 

特に小中連携グループの活動のお話の中では、小学校・中学校の間での教育現場の環境や意識の違いを整理された上で、「専門的な内容を子どもに合わせて上から教えるのではなく、下から育って来る子どもの成長に繋がっている授業をしていくためにも、中学校は小学校に学ばなければならない」という熱心に学ばれる姿勢で、小学校との連携を進められていたことが大変印象に残りました。

 

またその後は、ネットを利用した授業改善を進めて行く中で、他者評価がなく一方的な情報発信になりがちなホームページから、双方向性に交流が生まれ易いブログやメーリングリストを活用するようになったという報告を頂き、最後には「恊働の楽しさ」についてのお話を頂きました。

この岡山の先生方の学び合いの姿勢そのものが、子どもたちのモデルにもなっていることを強く感じました。

図工美術OKAYAMAのページはこちら


「アート・トラベリング・トランクの開発と実践使用について」

スクリーンショット 2013-02-10 0.19.58

井口先生からは現在岡山県立美術館と連携して取り組んでいる「アート・トラベリング・トランク」についてのお話を頂きました。

 

「アート・トラベリング・トランク」とは、大きな箱(トランク)詰められた地域の伝統工芸品(備前焼、水墨画など)の鑑賞教材を、連携校の教諭(ハブ教諭)の間で共有して使いつつ、さらに定期的に授業実践後の感想を共有することで題材の改善をしていくという取り組みです。

 

地域で作られた鑑賞教材を使っていることで、実際に作家さんをお招きしての授業をしたり、地域の特性を生かした授業の展開報告もありました。

 

美術館と連携し、お互いの役割・専門性を活かした運営をしていくことで、質の高い本物を扱った授業が身近に行えている点に大変魅力を感じました。

 

 

 

 

« »

研究・研修会 北海道

10月5日 新しい学習指導要領「図画工作」を語り合う会@札幌

関連

続きを見る

研究・研修会 北海道

2019年7月30日 北海道 旭川で全道造形教育研究大会

関連

続きを見る

作品展 埼玉県

埼玉9月16-23日 うらわ美術館 「図工・美術の授業展2018」

関連

続きを見る

作品展 大分県

8月17-30日 大分県 津久見市立第一中学校「アートと言葉の時間展」

関連

続きを見る

研究・研修会 奈良県

2018年11月15日16日 造形表現図画工作美術教育研究大会 69回 奈良大会

造形表現図画工作美術教育研究大会 69回 奈良大会   関連

続きを見る

研究・研修会 青森県

2019年 東北造形教育研究大会青森大会

関連

続きを見る

研究・研修会 北海道

8月16日17日  日本実践美術教育学会 札幌大会

日本実践美術教育学会     関連

続きを見る

研究・研修会 東京都

8月3日 東京 「新学習指導要領に基づく美術科学習指導の工夫・改善」

関連

続きを見る

研究・研修会 美術館との連携 北海道

2018年8月2日3日 札幌〜美唄 美術による学び研究会 ミニ in 北海道

参加費 1000円(学生は無料) 懇親会費(4000円)当日会場でお支払いください。 申し込みは、e-mailでお願いします。 yamazakimasaaki@mac.com 宛で、メールの件名は「学び研」としてださい。…

続きを見る

研究・研修会 東京都

東京 2018年8月25(土)26(日) 表現ワークショップ テーマ「Ai時代を生き抜く力」

関連

続きを見る

作品展 北海道

「キミの好きな北海道は?小学生・中学生・高校生の絵はがき展」

関連

続きを見る

研究・研修会 北海道

2018年8月2日3日 「美術による学び研究会 ミニ」 in 北海道

2018年8月2日3日 「美術による学び研究会 ミニ」 in 北海道 を開催します。詳細は後日「美術による学び研究会」webサイトで。   関連

続きを見る

作品展 秋田県

2018年2月27日〜3月20日 秋田 「美術の時間展」西仙北中学校

2018年2月27日〜3月20日 秋田 「美術の時間展」(西仙北中学校)が アートギャラリーカフェ「ブランカ」(大仙市大曲中通町316)で開催されます。 関連

続きを見る

研究・研修会 東京都

2018年2月24日  AI 時代の「ひととAI」 

2018年2月24日  AI 時代の「ひととAI」 AI時代の「ひとの学び」を考える教育シンポジウム 会場 女子美術大学 杉並キャンパス7号館     関連

続きを見る

研究・研修会 美術館との連携 美術教育関連ニュース 大分県

2018年3月17日「美術によるまなび研究会 ミニ in 大分」

2018年3月18日 大分県立近代美術館で「美術によるまなび研究会 ミニ in 大分」が開催されます。 テーマは「美術教育のこれまで、これから」 関連

続きを見る

研究・研修会 群馬県

2018年2月11日 群馬 「地方の美術教員養成と美術科教育を考える」

「群馬大学美術教育」展 日時:1/31(水)〜2/11(日) 10:00〜17:00 ※入場無料 https://www.facebook.com/events/148067809245020/ 「緊急シンポジウム:群馬…

続きを見る

作品展 新潟県

2018年 1月27日(土)新潟で「GCL国際ジュニア映画祭」

「GCL国際ジュニア映画祭」は、子どもたちの表現した映像作品の国際交流を目指す企画です。 <グローバルシネリテラシー・プロジェクトについて>  児童・生徒の制作した映像作品を国際的に交流する「グローバル・シネリテラシー(…

続きを見る

美術館との連携 作品展 北海道

2018年1月24~28日 釧路市立美術館 中学生の美術の授業展「Answer Art展」

2018年1月24~28日 釧路市立美術館 中学生の美術の授業展「Answer Art展」が開催されます。 関連

続きを見る

facebook

twitter