美術館との連携 作品展 埼玉県

11月4日 川越市立美術館にて「図工美術わくわくフェスタ」

川越市立美術館の田中晃さんからの情報です。

11月4日(月・振休)は川越市立美術館にて「図工美術わくわくフェスタ」を開催します。

1、小中学生の立体作品(画像含む)の展示(市民ギャラリー)
2、市内中学生有志によるインスタレーション(市民ギャラリー)
3、市民ボランティア企画のワークショップ
sDSC06157sDSC06192
上記のイベントを、午前10時から午後3時半まで行います。
小中学生の立体作品の展示は、残念ながら参加数が少なく小規模になってしまいましたが、少しでも子どもの姿をアピールできればうれしいです。

中学生有志のインスタレーションは、紙製のコースターに参加校の中学生約2000人が自分だけの花を描き、当日、来館できる生徒が集結してみんなでそのコースターをつないでいき空間を彩るというものです。

サポートスタッフ(美術館ボランティア)企画のワークショップについては毎回好評で、今回は、美術館の西側から午後になると差し込む日差しを使って、いらないポスターなどを再利用し、階段の吹き抜けにきれいなオーロラのような景色を作ろうと考えています。
これは誰でも参加できますのでぜひお越しください。

わくわくフェスタも4回目、一段落として次回からリニューアルを考えていますが、ぜひ皆さんに来ていただけたら嬉しいです。

                            川越市立美術館 田中晃

写真は第2回わくわくフェスタのものです。
sDSC06141

sDSC06271

sDSC06285

« »

研究・研修会 宮城県

2019年6月 宮城 「美術による学び研究会」

関連

続きを見る

研究・研修会 全国 美術教育関連ニュース 北海道

3月26日27日に札幌で「 美術科教育学会 北海道大会」開催

3月26日27日に札幌大谷大学で「第41回 美術科教育学会 北海道大会」が開催されます。 なお、当日申し込みも受け付けています。     関連

続きを見る

研究・研修会 北海道

2019年7月30日 全道造形教育研究大会北北海道ブロック大会

関連

続きを見る

作品展 大分県

大分県立美術館で 中学校3年生のフレスコ画展開催

関連

続きを見る

作品展 東京都

2019年3月16日〜24日 東京 授業から生まれた「思春期の思いとかたち」

関連

続きを見る

作品展 全国

中・高生対象の「カーデザインコンテスト」1月20日締切

以下のサイトは、膨大な情報があります。中・高生が興味を持てば、コンテストにどう取り組んだら良いのかが見えてきます。 関連

続きを見る

研究・研修会 北海道

10月5日 新しい学習指導要領「図画工作」を語り合う会@札幌

関連

続きを見る

研究・研修会 北海道

2019年7月30日 北海道 旭川で全道造形教育研究大会

関連

続きを見る

作品展 埼玉県

埼玉9月16-23日 うらわ美術館 「図工・美術の授業展2018」

関連

続きを見る

作品展 大分県

8月17-30日 大分県 津久見市立第一中学校「アートと言葉の時間展」

関連

続きを見る

研究・研修会 奈良県

2018年11月15日16日 造形表現図画工作美術教育研究大会 69回 奈良大会

造形表現図画工作美術教育研究大会 69回 奈良大会   関連

続きを見る

研究・研修会 青森県

2019年 東北造形教育研究大会青森大会

関連

続きを見る

研究・研修会 北海道

8月16日17日  日本実践美術教育学会 札幌大会

日本実践美術教育学会     関連

続きを見る

研究・研修会 東京都

8月3日 東京 「新学習指導要領に基づく美術科学習指導の工夫・改善」

関連

続きを見る

研究・研修会 美術館との連携 北海道

2018年8月2日3日 札幌〜美唄 美術による学び研究会 ミニ in 北海道

参加費 1000円(学生は無料) 懇親会費(4000円)当日会場でお支払いください。 申し込みは、e-mailでお願いします。 yamazakimasaaki@mac.com 宛で、メールの件名は「学び研」としてださい。…

続きを見る

研究・研修会 東京都

東京 2018年8月25(土)26(日) 表現ワークショップ テーマ「Ai時代を生き抜く力」

関連

続きを見る

作品展 北海道

「キミの好きな北海道は?小学生・中学生・高校生の絵はがき展」

関連

続きを見る

研究・研修会 北海道

2018年8月2日3日 「美術による学び研究会 ミニ」 in 北海道

2018年8月2日3日 「美術による学び研究会 ミニ」 in 北海道 を開催します。詳細は後日「美術による学び研究会」webサイトで。   関連

続きを見る

facebook

twitter