作品展 秋田県 授業実践

「美術の時間」展に行ってきました。

この展覧会は、秋田県大仙市立西仙北中学校の美術担当教諭である田中真二朗先生によるものです。
展覧会のタイトルやサブタイトルのとおり、作品の完成までの道のりと、そこを越えて後に残った(起きた)生徒の心の大きな流れが、授業写真や構想・ふり返りのプリントが実際の作品と対比できる形で展示されています。
ですので「こんな作品が出来ました」というような結果だけを展示する展覧会とは大きく異なります。

紹介されている授業題材は大きく分けて6題材です。
どの題材も生徒と題材の距離感が近く、写真や記述の内容からは生徒と題材が一体化して展開しているんだなということがよく伝わってきます。

それを特に感じたのは授業の様子を撮影した写真です。
個々の生徒と各題材がどのように関わっているのかが実に自然に表れているのです。
以下の言葉は本展のチラシに記されているものです。

美術の授業ではこんなことが起こっています。
自分なりの美を見つける 協力する 一人で考える 社会とつながる
地域を見つめる 共有する 認め合う 学び合う 自分を見つめる

以上のことは単に美術の授業を行えば達成される訳ではありません。
田中真二朗先生が実践されているような丹念な「授業の創造性」によって立ち上がってくるものだと思います。

そのような意味でもこの「美術の時間」展には2つの視点があるように思いました。
1「生徒の美術の時間」
2「教師の美術の時間」

昨今、様々な美術の授業への危機問題が聞こえてきます。
「問題」にはそれが起こった「原因」があります。
その「原因」を打破する深い示唆のひとつが本展には在るように思えてなりません。

■展覧会名 「美術の時間」展 〜生徒の学びと授業のプロセス〜
■期間 2014年3月12日(水)〜3月30日(日)
(前期 12日〜20日、後期21日〜30日)
■時間 10:00〜19:00(最終日は16:00)
■会場 秋田県大仙市 アート&ギャラリーカフェ「ブランカ」
http://www.obako.or.jp/blanca/001003005006008009011016019020022024026029033035037050053055058060065066

« »

  • 黒木 健

    生徒の顔写真にはガウス(ぼかし)をかけていますが、根本的にピントがぼけているものがあります。大変申し訳ありません。後期の展示の際には撮影し直して再掲したいと思っております。

  • 矢崎 ひさ

    いえいえ、ご丁寧にアップロードありがとうございました。

  • 黒木先生。レポートありがとうございます。この取り組みは、今後の大事な参考になります。特に、生徒の学びが見える展示であることがこうして写真で紹介されると、とてもよくわかります。

  • 佐々木孝志

    春休みに入り、新年度の校内人事も決まり昨日から作業Timeに入ったら、行くでしょ・大曲。岩手と秋田の県境・仙岩トンネルを越えて来ました。行ってみて黒木先生のレポートが実に的確であったことを確認。それにしてもいい場所での展示でした。私はコーヒーを飲んでは作品に近づき、また席に戻って一口。そしてまた思い直しては作品に… の繰り返し。いい時間でした。美術で生徒の心を耕す、育てるという言葉も響きましたし、1年生の「この表情が全てを物語っている」のフレーズとその写真が本物の「美術の時間」である証明です。そしてさらに驚いたことに、受付名簿に何と遠く三重県からの方も… 一体開催してから何日経っているんでしょうか!?これまたすごい。この企画を目指して飛んで来られたようです。こちらの行動力にも敬服!

  • 田中真二朗

    黒木先生、詳細なレポートありがとうございます。また、このレポートを読んで実際に見に来てくださった佐々木校長先生、本当にありがとうございます。遠くは三重県から。何と嬉しいことでしょう。いつも思うことは、展覧会をひらくと新たな出会いやつながりが生まれるということです。作品や生徒のコメントを通してその場にいる人みんなが同じ話題で盛り上がれると思います。もちろん、その場には生徒がいたり、先生がいたり、地域の方々がいます。様々な年代の人と関わることも今の子どもにとっては必要なことです。
    いろんなことを考えさせられる展覧会になりました。
    30日までやっております。ご都合が合いましたら、どうぞご覧ください。

  • 矢崎 ひさ

    本日出向いてきました。先に記されている,佐々木校長先生も記されていますが、珈琲を飲んではまた作品に近づいて読み直す,見直すといった行為はうなずけました。そして黒木先生のレポートも本当的確です。お昼も食べながら、若手美術教員同士で談義を交わしました。また、帰る直前にも美術教員もたまたま来場し、楽しい時間でした。
    個人的には、私ぐらいの世代の教員が、もっともっと地域で授業を紹介する、一般の人に見て貰う,感じたり知ったりして頂くといったこのような活動が必要なのだろうなと思えました。沢山の展示ではなくとも、学校といった現場は少々閉鎖的です。地域の住民が学校のことを知ることは、学校便りだけではなく活動している場を見せることは大切なのでしょう。
    ちょうど大曲は高校の1日体験入学日でした。田中先生の勤務先の卒業生と保護者の方も複数来場し、じっくりと鑑賞したり,生徒が自分の作品について両親に紹介している様子も印象的でした。

研究・研修会 北海道

10月23日 北海道 釧路 「図工・美術〜付属釧路小・中学校授業力向上セミナー」

関連

続きを見る

研究・研修会 大分県

11 月16日・17日 大分で「美術による学び学会」

大会開催の趣旨 近年は学校での図画工作・美術の授業や美術館における教育普及だけでなく、地域アートやビジネスシーンにおけるアートやデザイン思考の活用、STEAM教育への注目等、「美術による学び」の可能性が生活や様々なところ…

続きを見る

作品展 埼玉県

9月15日〜22日 埼玉県 図工・美術の授業展

関連

続きを見る

研究・研修会 岐阜県

第58回大学美術教育学会 岐阜大会」内で「学生会議2019」

9月21日22日に行われる「第58回大学美術教育学会 岐阜大会」内で「学生会議2019」が開催されます。 9月22日(日)13時50分〜15時35分です。 学生会議のテーマは 「私がつくる美術教育」 大学の学びを超えて学…

続きを見る

研究・研修会 宮城県

2019年6月 宮城 「美術による学び研究会」

関連

続きを見る

研究・研修会 全国 美術教育関連ニュース 北海道

3月26日27日に札幌で「 美術科教育学会 北海道大会」開催

3月26日27日に札幌大谷大学で「第41回 美術科教育学会 北海道大会」が開催されます。 なお、当日申し込みも受け付けています。     関連

続きを見る

研究・研修会 北海道

2019年7月30日 全道造形教育研究大会北北海道ブロック大会

関連

続きを見る

作品展 大分県

大分県立美術館で 中学校3年生のフレスコ画展開催

関連

続きを見る

作品展 東京都

2019年3月16日〜24日 東京 授業から生まれた「思春期の思いとかたち」

関連

続きを見る

作品展 全国

中・高生対象の「カーデザインコンテスト」1月20日締切

以下のサイトは、膨大な情報があります。中・高生が興味を持てば、コンテストにどう取り組んだら良いのかが見えてきます。 関連

続きを見る

研究・研修会 北海道

10月5日 新しい学習指導要領「図画工作」を語り合う会@札幌

関連

続きを見る

研究・研修会 北海道

2019年7月30日 北海道 旭川で全道造形教育研究大会

関連

続きを見る

作品展 埼玉県

埼玉9月16-23日 うらわ美術館 「図工・美術の授業展2018」

関連

続きを見る

作品展 大分県

8月17-30日 大分県 津久見市立第一中学校「アートと言葉の時間展」

関連

続きを見る

研究・研修会 奈良県

2018年11月15日16日 造形表現図画工作美術教育研究大会 69回 奈良大会

造形表現図画工作美術教育研究大会 69回 奈良大会   関連

続きを見る

研究・研修会 青森県

2019年 東北造形教育研究大会青森大会

関連

続きを見る

研究・研修会 北海道

8月16日17日  日本実践美術教育学会 札幌大会

日本実践美術教育学会     関連

続きを見る

研究・研修会 東京都

8月3日 東京 「新学習指導要領に基づく美術科学習指導の工夫・改善」

関連

続きを見る

facebook

twitter