美術教育関連ニュース 北海道

美術の先生へのメッセージ


2011年、札幌市の中学校を退職された石谷正美先生が「札幌市の中学校美術の研究集録 第18集」(A4サイズで厚さ3㎝!)に大事なメッセージを残してくださいました。ブログの掲載をお願いしたところ、快諾していただきました。地域のよって、事情は違うとは思いますが、ぜひお読みください。

「美術の伝道師に」

札幌市北白石中学校

校長  石 谷 正 美

  定年退職を迎えるに当たり、当時の札教研の諸先輩はじめ、お世話になった美術の仲間、素敵な後輩に、顔を思い浮かべながらこの紙面を拝借して感謝の気持ちと励ましの言葉をおくりたい。

私は22歳から34歳までの12年間、美術の他に国語と保健体育の授業を受け持ってきた。専門教科であるにもかかわらず美術の時数が極端に少なく、美術の時間がとても待ちどおしかったという経験がある。他教科を持たないのは、たったの3年間しかない。そのためか美術を教える時間がとにかく楽しかったし、とても充実していた様に思う。当時を振り返りながら、今、沸々とわき上がる思いは、美術という教科の素晴らしさと愛おしさである。

釧路管内と空知管内を経て30歳の時に札幌市に転入した私にとって、札幌市以外で出会った先生方から学ぶことは多かった。しかし、なんといっても札幌市では、こちらが学ぼうとする気持ちさえあれば、いくらでもそれに応えてくださる先生がいた。札幌市の人的条件は本当に恵まれていると思う。多くの先生との交流を通して、影響を受けながら自分も成長できたのではないかと思っている。

旧札教研の活動や中文連の活動の経験を通して、少しずつ美術教師としてのあるべき姿や自分なりに強く意識してきたことをまとめてみると、次の8点程になる。それは①美術教師としてのプロ意識をもつこと。②教師として生徒の力を最大限に引き出すこと。③3年間を見通したバランスのいい体系的な年間指導計画を作成すること。④常に新しい題材開発を心がけ、実際に試作品を多数作ってみること。⑤他教科の教師から「さすが美術だ」と言われるような実践をすること。⑥生徒には作品の完成度にもこだわらせ、成就感を味わわせること。⑦教師主導の注入的教え込みの授業にならないよう気を付けること。⑧自分の実践と学習指導要領とに整合性を持たせること、等々である。

また、話は変わるが、札幌市の1人配置校が約8割になっている現在、教師間の交流ができ、力量を高める一番身近な研修の機会が、札教研事業の研修の場だと思う。10月に行われた実践研究日の各地区の様子を聞くと、各地区とも工夫を凝らして頑張っている様子が伝わってきた。しかし、残念ながら1人配置校のデメリットも同時に感じられた。中学校では他教科に口出ししない傾向が強く、このことが自分は出席しなくてもよいとか面倒くさいことから逃げようとかの甘えの温床になっていることである。

札幌市では札教研事業が市の研修事業として整備されてから4年近くが経つが、校内研究を中心にしながらも美術項目の研究が保障されている。基本的には全員参加が前提の研究組織である。このことを真剣に考えなければならないだろう。また、札教研事業は中文連美術とも密接な繋がりがあり、「札幌市中学校美術・書道展」も時代の流れの中で少しずつ組織の形を変えながら歴史を刻んで今日に至っている。

昭和43年度に札教研美術部会の中に中文連対策委員会を設置し、研究成果の検証の場として本展を位置付けた歴史がある。札教研事業が研究分野を中心に交流してきたことに対し、その裏付けになる研究実践の発表・交流する場として、表裏一体の活動として位置づけることができ、有機的な構造となっており、札幌市美術教育の誇れる一つでもある。

このように札幌市の美術は素晴らしい素地がある。皆さんには、札教研事業には声を掛け合い集って、「美術大好き」と言わせる生徒をつくることと、一人一人が美術の素晴らしさを伝える伝道師になってほしいと願っている。

(取材 山崎 正明)

« »

研究・研修会 岡山県

2022年4月「日本実践美術教育学会」 岡山大会

2022年4月29日/30日「日本実践美術教育学会」 岡山大会開催。 発表申し込み1月21日まで 関連

続きを見る

研究・研修会 兵庫県

2022 年1月 第72回「造形表現・図画工作・美術教育全国大会」神戸大会

2022 年1月13日14日 オンラインで 第72回「造形表現・図画工作・美術教育全国大会」神戸大会が開催されます。 関連

続きを見る

美術館との連携 作品展 美術教育関連ニュース

図工美術教育のためのクラウドファンディング

埼玉県のうらわ美術館では毎年「はみ出す力展」を開催しています。今後も継続的に開催できるようにクラウドファンディングをはじめました。 一口5000円からです。リターンは今回の展覧会の目録と14年前に開催された「図画工作美術…

続きを見る

作品展 全国 福井県

2022.1.6~ 福井県立美術館で「全国中学校アートの甲子園」

2022年1月6日から 福井県立美術館で「全国中学校アートの甲子園」が開催されます。 関連

続きを見る

作品展 青森県

11月 青森市立東中学校と菓子匠 松栄堂で創作和菓子店

11月10日〜17日 青森市立東中学校と菓子匠 松栄堂で創作和菓子店 (美術担当 高安 弘大 教諭) 関連

続きを見る

研究・研修会 北海道

8月4日 中学校美術の授業力を高めるためのセミナー ZOOMにて

8月4日 中学校美術の授業力を高めるためのセミナー ZOOMにて 開催は 北海道教育大学附属釧路義務教育学校 更科結希先生   関連

続きを見る

美術教育関連ニュース

APAが、「図工美術授業にカメラ」の取り組みビデオを公開

192790987_4012588275442981_5209985447027685001_n

APA(エーピーエー)公益社団法人 日本広告写真家協会が、「図工美術授業にカメラ」の取り組み紹介ビデオを公開しました。 詳細は、 APA美術授業にカメラ   関連

続きを見る

研究・研修会

Z OOMによる「造形・美術教育力養成講座」

日本美術教育連合企画の「造形・美術教育力養成講座」を紹介します。講座は全4回。興味深い内容です。学生のみなさんや会員でない方も参加できます。(事前申し込みが必要・有料です) 申し込みは https://www.kokuc…

続きを見る

美術館との連携 作品展 埼玉県

埼玉で図工・美術の授業展「はみ出す力展 Vol.2」9月13日〜20日

図工・美術の授業展『はみ出す力展 Vol.2」が開催されます。従来の作品展では見えにくかった子どもの思いや学び、あるいは力が見える展覧会になっています。 埼玉県の先生方が中心ですが、その主旨に賛同している他の地域の先生も…

続きを見る

全国

中学生・高校生・高専生の「カーデザインコンテスト」2020年1月20日応募締め切り

関連

続きを見る

研究・研修会 北海道

10月23日 北海道 釧路 「図工・美術〜付属釧路小・中学校授業力向上セミナー」

関連

続きを見る

研究・研修会 大分県

11 月16日・17日 大分で「美術による学び学会」

大会開催の趣旨 近年は学校での図画工作・美術の授業や美術館における教育普及だけでなく、地域アートやビジネスシーンにおけるアートやデザイン思考の活用、STEAM教育への注目等、「美術による学び」の可能性が生活や様々なところ…

続きを見る

作品展 埼玉県

9月15日〜22日 埼玉県 図工・美術の授業展

関連

続きを見る

研究・研修会 岐阜県

第58回大学美術教育学会 岐阜大会」内で「学生会議2019」

9月21日22日に行われる「第58回大学美術教育学会 岐阜大会」内で「学生会議2019」が開催されます。 9月22日(日)13時50分〜15時35分です。 学生会議のテーマは 「私がつくる美術教育」 大学の学びを超えて学…

続きを見る

研究・研修会 宮城県

2019年6月 宮城 「美術による学び研究会」

関連

続きを見る

研究・研修会 全国 美術教育関連ニュース 北海道

3月26日27日に札幌で「 美術科教育学会 北海道大会」開催

3月26日27日に札幌大谷大学で「第41回 美術科教育学会 北海道大会」が開催されます。 なお、当日申し込みも受け付けています。     関連

続きを見る

研究・研修会 北海道

2019年7月30日 全道造形教育研究大会北北海道ブロック大会

関連

続きを見る

作品展 大分県

大分県立美術館で 中学校3年生のフレスコ画展開催

関連

続きを見る

facebook

twitter