研究・研修会 山形県

シンポジウム「小中高生の生きる力を育む芸術思考の可能性」

東北芸術工科大学にて、シンポジウム「小中高生の生きる力を育む芸術思考の可能性」が開催されます。

 

 

日時:2013年12月15日(日)13:00~17:00
会場:東北芸術工科大学本館407講義室
主催:東北芸術工科大学
参加無料/予約不要/定員300 名

flyer

東北で挑戦する、創造性開発

ますます複雑化する現代社会の中で生きる私たちは、多地域多世代に対応することができる柔軟性のある思考と行動力、人間精神力の豊かさが必要とされています。創造性開発研究センターでは、芸術・デザイン領域のみならず、さまざまな学際的観点からの調査やインタビュー、実践と分析、体感のための演習などを通じて、調査研究を実施していきます。加えて、地域のこどもたちのための参加体験型プログラム研究として、それぞれが体験、体感しながら「芸術・デザインと生活」、「芸術・デザインと学習」など、芸術・デザイン(芸術・デザイン思考)との新しい関わり方を発見するきっかけを提供していきます。第一回目のシンポジウムとなる今回は、特に「芸術思考」に焦点を当てます。

「芸術思考」とは

人間の知能を「IQ(知能指数)」だけで捉えるのではなく、「人間は誰しも複数(現在は8つ)の知能を持つ」とするハワード・ガードナー氏(ハーバード大学教授)による「多重知能論理(※)」によって様々な教育分野の可能性を拓く考え方です。当日は、「芸術」を軸に先進的な取組みの実践例を各講師の方々よりお話し頂きます。小中高生やそれを支える社会に多くの生きる力と希望を見出して頂けるよう、この東北から、伸びやかな未来の教育に繋ぐ「創造性開発」を始めていきます。芸術・デザイン思考について、小中高校の教育関係者および広く一般の皆さまに知っていただくためのシンポジウムです。どなたでもお気軽にご参加ください。

※ 多重知能理論(Multipul Intelligences=MI)が定める8つの知能:音楽・リズム知能/対人的知能/論理・数学的知能/博物学的知能/視覚・空間的知能/内省的知能/言語・語学知能/身体・運動感覚知能

創造性開発研究センターシンポジウム「小中高生の生きる力を育む芸術思考の可能性」

受付・開場(12:20)
開会挨拶(13:00)

◎講演
「感性を解発する四体験」(13:15~14:15)
長南博昭 研究員(山形県教育委員会委員長、日本感性教育学会副会長)

◎特別招待講演
「芸術思考は人を救う。組織を救う」(14:25~15:25)
奥田修史 特別講師(創成館高等学校理事長・校長)

◎対談
「未来に求められる芸術思考」(15:30~16:30)
奥田修史 特別講師×阪井和男 研究員(明治大学法学部教授)

質疑応答(16:30~16:50)
閉会(17:00)

プロフィール

長南博昭
山形県教育委員会委員長、日本感性教育学会副会長。山形県生まれ。中学校教員から山形県教育庁指導主事、山形県教育庁義務教育課課長補佐、山形県温海中学校長、山形県教育庁義務教育課長、教育次長として「教育山形さんさんプラン」の構築に務め、その後、山形大学教授として教育経営・感性教育に携わる。第5、6 期中央教育審議会委員として日本の教育改革に当たる。著書として『地方発の教育改革』などがある。

奥田修史
創成館高等学校理事長・校長。ハワイ州立大学を卒業。帰国後、祖父の代から続く学校法人奥田学園へ就職。32 歳で奥田学園理事長、34 歳で創成館高等学校校長、39 歳で国際法律会計専門学校校長に就任。大胆な行動力とユニークなアイデアで破綻寸前の学校法人を生き返らせ、学校は人気校へと変貌を遂げた。その学校運営手腕は高く評価されている。

阪井和男
明治大学法学部教授。東京理科大学理学部物理学科を卒業。理学博士号を取得。サイエンスライターを経て、1990 年から明治大学法学部専任講師。1998 年から教授に就任し現在に至る。明治大学の死生学研究所副代表や文明とマネジメント研究所所長、サービス創新研究所所長なども兼任する。サービス学と死生学に精通する日本でも無二の権威。

東北芸術工科大学のこども教育
東北芸術工科大学では、「生きる力を育む芸術・デザイン思考による創造性開発拠点の形成」事業が、平成25 年度文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成事業に採択され、5 年間の研究支援補助対象となりました。創造性開発研究センターを開設し、こども芸術大学や全国高等学校デザイン選手権大会をはじめとする芸術・デザイン思考の実践の土壌がある本学だからこそできる教育研究をおこなっていきます。

アクセス

東北芸術工科大学(山形市上桜田3-4-5)
JR 山形駅東口バスプール5 番乗り場から「東北芸術工科大学前行き」乗車、約20分

お問合せ

東北芸術工科大学創造性開発研究センター事務局
TEL: 023-627-2218

※平成25年度文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業「生きる力を育む芸術・デザイン思考による創造性開発拠点の形成」

>>詳しくはこちらから<<

« »

作品展 埼玉県

埼玉9月16-23日 うらわ美術館 「図工・美術の授業展2018」

関連

続きを見る

作品展 大分県

8月17-30日 大分県 津久見市立第一中学校「アートと言葉の時間展」

関連

続きを見る

研究・研修会 奈良県

2018年11月15日16日 造形表現図画工作美術教育研究大会 69回 奈良大会

造形表現図画工作美術教育研究大会 69回 奈良大会   関連

続きを見る

研究・研修会 青森県

2019年 東北造形教育研究大会青森大会

関連

続きを見る

研究・研修会 北海道

8月16日17日  日本実践美術教育学会 札幌大会

日本実践美術教育学会     関連

続きを見る

研究・研修会 東京都

8月3日 東京 「新学習指導要領に基づく美術科学習指導の工夫・改善」

関連

続きを見る

研究・研修会 美術館との連携 北海道

2018年8月2日3日 札幌〜美唄 美術による学び研究会 ミニ in 北海道

参加費 1000円(学生は無料) 懇親会費(4000円)当日会場でお支払いください。 申し込みは、e-mailでお願いします。 yamazakimasaaki@mac.com 宛で、メールの件名は「学び研」としてださい。…

続きを見る

研究・研修会 東京都

東京 2018年8月25(土)26(日) 表現ワークショップ テーマ「Ai時代を生き抜く力」

関連

続きを見る

作品展 北海道

「キミの好きな北海道は?小学生・中学生・高校生の絵はがき展」

関連

続きを見る

研究・研修会 北海道

2018年8月2日3日 「美術による学び研究会 ミニ」 in 北海道

2018年8月2日3日 「美術による学び研究会 ミニ」 in 北海道 を開催します。詳細は後日「美術による学び研究会」webサイトで。   関連

続きを見る

作品展 秋田県

2018年2月27日〜3月20日 秋田 「美術の時間展」西仙北中学校

2018年2月27日〜3月20日 秋田 「美術の時間展」(西仙北中学校)が アートギャラリーカフェ「ブランカ」(大仙市大曲中通町316)で開催されます。 関連

続きを見る

研究・研修会 東京都

2018年2月24日  AI 時代の「ひととAI」 

2018年2月24日  AI 時代の「ひととAI」 AI時代の「ひとの学び」を考える教育シンポジウム 会場 女子美術大学 杉並キャンパス7号館     関連

続きを見る

研究・研修会 美術館との連携 美術教育関連ニュース 大分県

2018年3月17日「美術によるまなび研究会 ミニ in 大分」

2018年3月18日 大分県立近代美術館で「美術によるまなび研究会 ミニ in 大分」が開催されます。 テーマは「美術教育のこれまで、これから」 関連

続きを見る

研究・研修会 群馬県

2018年2月11日 群馬 「地方の美術教員養成と美術科教育を考える」

「群馬大学美術教育」展 日時:1/31(水)〜2/11(日) 10:00〜17:00 ※入場無料 https://www.facebook.com/events/148067809245020/ 「緊急シンポジウム:群馬…

続きを見る

作品展 新潟県

2018年 1月27日(土)新潟で「GCL国際ジュニア映画祭」

「GCL国際ジュニア映画祭」は、子どもたちの表現した映像作品の国際交流を目指す企画です。 <グローバルシネリテラシー・プロジェクトについて>  児童・生徒の制作した映像作品を国際的に交流する「グローバル・シネリテラシー(…

続きを見る

美術館との連携 作品展 北海道

2018年1月24~28日 釧路市立美術館 中学生の美術の授業展「Answer Art展」

2018年1月24~28日 釧路市立美術館 中学生の美術の授業展「Answer Art展」が開催されます。 関連

続きを見る

研究・研修会 山形県

2018年2月10~11日 「美術による学び研究会」山形大会

2018年2月10~11日に「美術による学び研究会」山形大会が開催されます。幼児教育から大学教育まで幅広いスタンスで美術教育を考える場になります。また鑑賞では映像を扱ったものが発表されます。     …

続きを見る

作品展 全国

第6回 「カーデザインコンテスト」中学生・高校生・高専生対象

中学生・高校生・高専生対象とした 第6回 「カーデザインコンテスト」が開催されます。締切は1月20日。 なお、詳細は「カーデザインコンテスト」 非常に充実したサイトです。 関連

続きを見る

facebook

twitter