全国 美術教育関連ニュース

次回学習指導要領改訂の動きへ向けてのアクション

スクリーンショット 2014-04-13 20.02.07 スクリーンショット 2014-04-13 20.01.49

 

いよいよ2014年度がスタートしました。

中学校美術ネットでは、2014年度が美術の授業時間の増減が決まる
次回学習指導要領改訂の動きが活発化する年度であると予測しています。

 

そして改訂の度に問われ続けているのが「必修教科としての美術科の存在理由」です。

 

前回の学習指導要領改訂の動きを振り返ってみると,改訂の内容を巡る議論が活発化してきた2005年には、
中山成彬文部科学大臣が子どもたちの学力低下問題について「国語、数学などの主要教科の授業時間をいかに確保するかが課題だ」と述べたことから”主要教科(国語・数学・理科・社会・英語)”という言葉がマスコミでも再び頻繁に扱われるようになってしまい結果として芸術教科等が軽視され、
中央教育審議会教育課程部会の中では「音楽、美術を選択制にしてもよいのではないか。選択で選ばせて倍の時間を行うのはどうか。」(2005年7月)、「技術・家庭、音楽、美術は選択でという意見もある」(2005年9月)という発言も出され美術科は危機的な局面を迎えました。

 

この時、文部科学省や中央教育審議会教育課程部会などに対して全国造形教育連盟日本美術教育学会をはじめ、北海道造形教育連盟など地域の研究会からも組織をあげて、必修教科としての図工・美術の授業の意義を示す請願書・意見書を出しました。

 

また中学校美術ネット代表 山崎正明は、自身のブログ「美術と自然と教育と」や、全国の図工・美術教育関係者500人以上が登録している「ZEN-ZOメーリングリスト」を通じて、全国の教員や保護者の方から資料提供を募り、小冊子「図画工作美術教育の大切さを訴える」と「子どもにとっての貴重な時間」を作成し中央審議会のメンバーなどへ送付しました。

 

<前回改訂の際に中央審議会へ送付した以下からpdfファイルをダウンロードすることができます!>
「図画工作美術教育の大切さを訴える」
「子どもにとっての貴重な時間」

 

 

その後2006年3月31日に開催された中央教育審議会 初等中等教育分科会 教育課程部会(第39回)では、同年3月29日までに募集されていた「審議経過報告」に対する意見募集の概要が、議事録配布資料として公開され、その中に「芸術科目は豊かな情操の育成を担っており、その選択科目化や時数の削減は不適切。」という意見が取り上げられました。
そして学習指導要領改訂の際には、美術科が選択教科になることはありませんでした。

 

 

しかし今回の改訂でもまた「必修教科としての美術科の存在理由」は改めて問われることもあると考えます。その際には再度美術教育の価値を伝えるアクションを起こして行きたいと思いますが、前回送付した小冊子「子どもにとって貴重な時間」作成の際には、時間にも限りがあり、ご提供頂いた資料は一部の地域のみの掲載となってしまいました。

 


※下図は「子どもにとっての貴重な時間」に資料掲載させて頂いた方々の都道府県です。(この図は埼玉県公立中学校教諭の田尾明敏先生にご提供頂きました。)

b0068572_2281866-1

「子どもにとって貴重な時間 図画工作・美術の時間」へ掲載させて頂いた資料タイトル
・3歳児の想像と造形
・今しか描けない時分の絵
・今を生きている証
・夢がふくらむ時間
・喜びを伝える
・地域の文化に目を向ける
・大切な宝物
・子どものために必要な時間
・鑑賞を通して価値観を広げる
・写実へのあこがれ
・発想力を育む活動
・生活を見つめる中で育まれる共感の感覚
・今を見つめる
・自ら発想し、計画し、やりとげる
・作品に夢や願いをこめる~古代の日本人から学びながら
・無心になってつくる時間
・互いの存在を認める
・生徒たちの心和む世界
・美術とコミュニケーション
・人間に備わる原初的創作活動の大切さ
・鑑賞で磨く子どもの感性
・ 美術で身につけた力が生活を豊かにし、文化国家の担い手ともなる。
・ また発信と受信の能力を高めることはグローバル社会の中でも大切な課題


 

次回アクションを起こす際には、より多くのつながりを持って、
必修教科としての確固とした存在意義を示すアクションを起こしていきたいと思います。
これからもどうぞ中学校美術ネットをよろしくお願い致します。

« »

研究・研修会 北海道

10月5日 新しい学習指導要領「図画工作」を語り合う会@札幌

関連

続きを見る

研究・研修会 北海道

2019年7月30日 北海道 旭川で全道造形教育研究大会

関連

続きを見る

作品展 埼玉県

埼玉9月16-23日 うらわ美術館 「図工・美術の授業展2018」

関連

続きを見る

作品展 大分県

8月17-30日 大分県 津久見市立第一中学校「アートと言葉の時間展」

関連

続きを見る

研究・研修会 奈良県

2018年11月15日16日 造形表現図画工作美術教育研究大会 69回 奈良大会

造形表現図画工作美術教育研究大会 69回 奈良大会   関連

続きを見る

研究・研修会 青森県

2019年 東北造形教育研究大会青森大会

関連

続きを見る

研究・研修会 北海道

8月16日17日  日本実践美術教育学会 札幌大会

日本実践美術教育学会     関連

続きを見る

研究・研修会 東京都

8月3日 東京 「新学習指導要領に基づく美術科学習指導の工夫・改善」

関連

続きを見る

研究・研修会 美術館との連携 北海道

2018年8月2日3日 札幌〜美唄 美術による学び研究会 ミニ in 北海道

参加費 1000円(学生は無料) 懇親会費(4000円)当日会場でお支払いください。 申し込みは、e-mailでお願いします。 yamazakimasaaki@mac.com 宛で、メールの件名は「学び研」としてださい。…

続きを見る

研究・研修会 東京都

東京 2018年8月25(土)26(日) 表現ワークショップ テーマ「Ai時代を生き抜く力」

関連

続きを見る

作品展 北海道

「キミの好きな北海道は?小学生・中学生・高校生の絵はがき展」

関連

続きを見る

研究・研修会 北海道

2018年8月2日3日 「美術による学び研究会 ミニ」 in 北海道

2018年8月2日3日 「美術による学び研究会 ミニ」 in 北海道 を開催します。詳細は後日「美術による学び研究会」webサイトで。   関連

続きを見る

作品展 秋田県

2018年2月27日〜3月20日 秋田 「美術の時間展」西仙北中学校

2018年2月27日〜3月20日 秋田 「美術の時間展」(西仙北中学校)が アートギャラリーカフェ「ブランカ」(大仙市大曲中通町316)で開催されます。 関連

続きを見る

研究・研修会 東京都

2018年2月24日  AI 時代の「ひととAI」 

2018年2月24日  AI 時代の「ひととAI」 AI時代の「ひとの学び」を考える教育シンポジウム 会場 女子美術大学 杉並キャンパス7号館     関連

続きを見る

研究・研修会 美術館との連携 美術教育関連ニュース 大分県

2018年3月17日「美術によるまなび研究会 ミニ in 大分」

2018年3月18日 大分県立近代美術館で「美術によるまなび研究会 ミニ in 大分」が開催されます。 テーマは「美術教育のこれまで、これから」 関連

続きを見る

研究・研修会 群馬県

2018年2月11日 群馬 「地方の美術教員養成と美術科教育を考える」

「群馬大学美術教育」展 日時:1/31(水)〜2/11(日) 10:00〜17:00 ※入場無料 https://www.facebook.com/events/148067809245020/ 「緊急シンポジウム:群馬…

続きを見る

作品展 新潟県

2018年 1月27日(土)新潟で「GCL国際ジュニア映画祭」

「GCL国際ジュニア映画祭」は、子どもたちの表現した映像作品の国際交流を目指す企画です。 <グローバルシネリテラシー・プロジェクトについて>  児童・生徒の制作した映像作品を国際的に交流する「グローバル・シネリテラシー(…

続きを見る

美術館との連携 作品展 北海道

2018年1月24~28日 釧路市立美術館 中学生の美術の授業展「Answer Art展」

2018年1月24~28日 釧路市立美術館 中学生の美術の授業展「Answer Art展」が開催されます。 関連

続きを見る

facebook

twitter