研究・研修会 東京都

平成27年度 都中美 夏季研修会 ご案内

11401192_710516145760210_4583497182985809307_n
テーマ: 「育てたい美術の力」を見据えて ~ねらいを明確にした授業作り~

日  程:
平成27年 7月27日(月) 9:20~16:45
        28日(火) 9:00~16:45

会  場: 27日(月)東京国立近代美術館
28日(火)墨田区立両国中学校
 
講  師: 7月27日(月) 町田市立金井小学校 副校長          松永 かおり 先生
東京国立西洋美術館学芸課主任研究員      寺島 洋子 氏
東京国立近代美術館企画課主任研究員      一條 彰子 氏 
東京国立近代美術館工芸課主任研究員      今井 洋子 氏

7月29日(火) 文部科学省初等中等教育局教育課程課教科調査官 
国立教育政策研究所研究開発部教育課程調査官  東良  雅人   先生

内 容: 7月27日(月) 対話型鑑賞を体験し、グループ協議を行い、美術館に来館した中学生に実際に対話型鑑賞を実践します。(中学生はトークラリーを行います。)筆記用具をお持ちください。

7月28日(火) 「生徒作品」及び「題材ねらい等が分かる説明用紙」(申し込み用紙にご記入の上、FAXしてください。作品が用意出来ない方は写真、ワークシート等でもかまいません。)

申  込:
ご出席くださる場合は、都中美のホームページから申し込み用紙をダウンロードして、必要事項をご記入の上、FAXにてお申込みください。

詳しくは都中美のホームページをご覧下さいませ。

« »

研究・研修会 宮城県

2019年6月 宮城 「美術による学び研究会」

関連

続きを見る

研究・研修会 全国 美術教育関連ニュース 北海道

3月26日27日に札幌で「 美術科教育学会 北海道大会」開催

3月26日27日に札幌大谷大学で「第41回 美術科教育学会 北海道大会」が開催されます。 なお、当日申し込みも受け付けています。     関連

続きを見る

研究・研修会 北海道

2019年7月30日 全道造形教育研究大会北北海道ブロック大会

関連

続きを見る

作品展 大分県

大分県立美術館で 中学校3年生のフレスコ画展開催

関連

続きを見る

作品展 東京都

2019年3月16日〜24日 東京 授業から生まれた「思春期の思いとかたち」

関連

続きを見る

作品展 全国

中・高生対象の「カーデザインコンテスト」1月20日締切

以下のサイトは、膨大な情報があります。中・高生が興味を持てば、コンテストにどう取り組んだら良いのかが見えてきます。 関連

続きを見る

研究・研修会 北海道

10月5日 新しい学習指導要領「図画工作」を語り合う会@札幌

関連

続きを見る

研究・研修会 北海道

2019年7月30日 北海道 旭川で全道造形教育研究大会

関連

続きを見る

作品展 埼玉県

埼玉9月16-23日 うらわ美術館 「図工・美術の授業展2018」

関連

続きを見る

作品展 大分県

8月17-30日 大分県 津久見市立第一中学校「アートと言葉の時間展」

関連

続きを見る

研究・研修会 奈良県

2018年11月15日16日 造形表現図画工作美術教育研究大会 69回 奈良大会

造形表現図画工作美術教育研究大会 69回 奈良大会   関連

続きを見る

研究・研修会 青森県

2019年 東北造形教育研究大会青森大会

関連

続きを見る

研究・研修会 北海道

8月16日17日  日本実践美術教育学会 札幌大会

日本実践美術教育学会     関連

続きを見る

研究・研修会 東京都

8月3日 東京 「新学習指導要領に基づく美術科学習指導の工夫・改善」

関連

続きを見る

研究・研修会 美術館との連携 北海道

2018年8月2日3日 札幌〜美唄 美術による学び研究会 ミニ in 北海道

参加費 1000円(学生は無料) 懇親会費(4000円)当日会場でお支払いください。 申し込みは、e-mailでお願いします。 yamazakimasaaki@mac.com 宛で、メールの件名は「学び研」としてださい。…

続きを見る

研究・研修会 東京都

東京 2018年8月25(土)26(日) 表現ワークショップ テーマ「Ai時代を生き抜く力」

関連

続きを見る

作品展 北海道

「キミの好きな北海道は?小学生・中学生・高校生の絵はがき展」

関連

続きを見る

研究・研修会 北海道

2018年8月2日3日 「美術による学び研究会 ミニ」 in 北海道

2018年8月2日3日 「美術による学び研究会 ミニ」 in 北海道 を開催します。詳細は後日「美術による学び研究会」webサイトで。   関連

続きを見る

facebook

twitter