研究・研修会 山形県

山形県造形教育研究協議会

大会主題

「豊かな創造的活動をもとに、学びをつなげる造形教育」 

  -かかわり合う力を大事にして-

はじめに

西置賜造形教育部会で「子ども達が図画工作・美術を学んでどんな人間になってほしいか。」と調査したところ、 「興味を持ってものを作る人、進んで芸術作品を鑑賞する人」という声が多かった。私達造形部員は、子ども一人一人に「美」という価値に積極的に関わっていく人になってほしいという願いを持って いることを改めて認識することができた。
本研究を進めるにあたり、前述のアンケートの結果を踏まえながら、 「生涯にわたって造形活動を愛好 する人間を育てたい。」という土台に立って、研究を進めたいと考えた。

1.主題設定の理由

( 1 )これまでの研究の成果をベースにした研究に

西置賜地区では、平成10年度の県造形教育研究協議会・長井西置賜大会で「感性をはぐくみ、思い を豊かに表現する造形教育」をテーマにし、研究実践を発表した。

めざす子ども像
◇自分の思いにこだわりを持ち、意欲的に自己実現を図ろうとする子ども
◇基礎基本を身につけながら、創造性豊かに表現できる子ども
◇自然・人間・ものとのかかわりを通して、自分の思いを豊かに表現できる子ども

その内容は、《感性》を育みながら、子どもたちの表現したい気持ち《患い》を授業の中で、どのように引き出し、深め、広げていくか、そのために、題材や素材、子どもを取り巻く人間関係や自然環境を含む、生活圏すべてを《感性》や《患い》を育む「造形環境」ととらえ、子どもを取り巻く地域文化とのかかわりという視点を大切にしながら実践を積み重ねてきたものだった。

西置賜の研究の成果は、その後の研究実践にも引き継がれ、基礎基本(つけたい力)を明確にしながら、子どもの思いを豊かに表現するために、「題材との出会わせ方」や「豊かな表現のための鑑賞」などに焦点をあてて研究を進めてきた。

(2)県の研究主題との関連から

県の研究主題「豊かな創造的活動をもとに、学びをつなげる造形教育」は、西置賜地区が今まで取り組んできた主題をさらに発展させた内容ととらえ、県の研究主題と同一研究主題を設定した。 そこで、今回の発表では、「学びをつなげる造形教育」に創造的活動を追求する手だてや方法を重視した研究にしたいと考えた。 造形教育の中の「学び」を「自分らしい価値(美への思い、おもしろさなど)を創造していくこと」ととらえ、家庭・学校・地域・それに社会へと創造性を自己実現(自分が表現しようとしたものができたという成就 感や達成感)していく姿を「学びをつなぐ」と捉えた。
これまで積み上げてきた創造的活動の実践を土台にして、自分と他(子ども同士のかかわり、地域とのかかわり、幼保・小・中とのかかわり)の中で、新しい価値を見出したり、造形活動の楽しさを味わった りさせたいと考えた。
特に、本研究では、造形活動の授業の充実を図るため「かかわり」という点を重視して研究を進めてきた。

(3)サブテーマ《かかわり合う力を大事にして》について

■造形教育のねらいから
造形教育の果たす役割を次のように捉えた。
☆思考力・判断力そして表現する力を育てる。
☆創造性を育む造形体験の中で、形や色などを基盤としたコミュニケーションを通して、生活や社会と豊かにかかわる態度を身につけさせる
☆美への価値意識を育て、生涯にわたって主体的に創造活動にかかわっていく態度を育む。
つまり、造形教育では豊かな生活を送るために、自分自身がよい環境を工夫してつくり出すことに必要 な創造力や表現力を、基礎・基本から学んでいると言えるD創造性や豊かなかかわりは、人やもの・地域・
研究部長 村上茂- (致芳小)環境などとの様々なかかわりを通して、お互いの関係を確認し、より深いつながりを兄いだすことによって、 人間として大切な価値を発見し、現実社会に生きる力として人間力を育むことができるのではないかと考えた。

■子どもを取り巻く環境や実態などから
子ども達を取り巻く環境は、大きく変わってきている。情報量の過多、人間関係の希薄さ、それにゲーム による遊びの変化である。このような社会の変化で子ども達のコミュニケーションの能力などの教育的課題も 浮き彫りになってきている。
また、ここ数十年学校教育では、 「個性の尊重」が諏われ、実践されるようになってきた.しかし、それ が子ども同士のかかわりを重視せず、分断化する「個別化」が強くなっているように感じる。 「個別化」を進 めていくことは、学びが教師とその子どもの枠内に限定され、子ども達の交流の機会を奪うことになり、コミュ ニケーション能力の低下につながってきている。
そのため、造形教育では次のような「かかわり」を大切にする必要があるo構想を練るときは、友だちと アイデアの交流を囲ったり、友だちと考え合ったりすることで思いを広げていくことができる。また、表現活 動では、個人でできないことも友だちの協力を得たり、共同で活動したりすることによって実現できることも ある。表現途中の作品を見合う中から表現のヒントを得たりすることもある。鑑賞では、互いの表現意図を 知り、友だちのよさを述べたり、友だちから認められたりすることに表現の喜びを感じていく。
さらには、教室や学校という狭い空間にとどまらず、地域の特性を生かして、様々な人・施設・行事それ
に特産物などとのかかわりを用いて、子ども達の学びを実生活さらには地域の伝統・歴史につなげていく。
そして、造形教育のあり方を幼保・小・中と分けて考えずに、教師がお互いの造形教育のあり方を語り合ったり、
園児や児童、児童や生徒が一緒に作品を作り合ったり、作品を見せ合ったりしながら、創造的な学びを未来 へとつなげていく。
このようなコミュニケーションの体験が子ども達の社会性や創造性、そして感性をのばしていくことになっ ていく。
サブテーマは、様々なかかわり合いの過程で発想し、構想し、創造力を培うという美術のねらいを実現す ることができるという仮説に基づいて設定されたものである。
そこで、本地区では、この「かかわり」について、「子ども同士のかかわり」 「地域とのかかわり」 「幼保小 中とのかかわり」の3つの視点で考えることにした。

2.研究の推進について

(1)めざす子ども像
自ら積極的に様々なかかわりを求めながら自分の構想を高め、より豊かに表現していくことのできる子ども

(2)研究の仮説

さまざまなかかわりを大切にすることによって創造性や感性を伸ばしていくことにつながり 未来へ社会全体へと学びをつなげる子どもが育つのではないか。

(3)研究の視点

○子ども同士のかかわりから学びをつなげる
・友だちの作品のよさを見つける「鑑賞」の工夫
・作品づくりで、友だちの作品を自分の作品に生かすことができるような工夫 ・友だちと協力して、一つの作品となるような題材
・ (描けない子・作れない子) かかわりから描ける、作れるへ

○地域とのかかわりから学びをつなげる
・子どもの思いや学びが生かされる地域素材・地域行事の発見
・地域の美術館とのコラボレーション ・子どもの創造性を地域に返す作品展示

〇校種間(幼保・小・中)のかかわりから学びをつなげる
・子ども同士の造形遊びを通した実践
・幼保小の合同研修会の企画 ・小中連携を通して、図工から美術へ

(研究紀要より転載 山崎正明)

« »

研究・研修会 山形県

2018年2月10~11日 「美術による学び研究会」山形大会

2018年2月10~11日に「美術による学び研究会」山形大会が開催されます。幼児教育から大学教育まで幅広いスタンスで美術教育を考える場になります。また鑑賞では映像を扱ったものが発表されます。     …

続きを見る

作品展 全国

第6回 「カーデザインコンテスト」中学生・高校生・高専生対象

中学生・高校生・高専生対象とした 第6回 「カーデザインコンテスト」が開催されます。締切は1月20日。 なお、詳細は「カーデザインコンテスト」 非常に充実したサイトです。 関連

続きを見る

研究・研修会 埼玉県

2018年 埼玉 全国高等学校美術、工芸教育2018埼玉大会

2018年8月8日(水)〜10日(金) 「全国高等学校美術、工芸教育2018埼玉大会」 会場 大宮ソニックシティ 関連

続きを見る

美術教育関連ニュース 新潟県 福島県

11月25日 福島 11月2シネリテラシーフェスタ2017

映画館でシネリテラシーフェスタ 授業で生み出された映像メディア表現を通して、これからの美術教育の一つの在り方を提言。 フォーラム福島は11月25日(土) 新潟・市民映画館シネ・ウインドは12月2日(土)   &…

続きを見る

作品展 東京都

2017年12月 東京 「障がいとアーツ」

藝大アーツ・スペシャル2017「障がいとアーツ」 会場 東京藝術大学奏楽堂(大学場内) 会期 12月2日〜3日 関連

続きを見る

作品展 山梨県

2017年11月 山梨 「山梨県高等学校芸術文化祭」

第38回 「山梨県高等学校芸術文化祭」 展示部門(美術・書道・写真)は 11月21日(火)〜11月26日(日) 展示会場は 山梨県立美術館       関連

続きを見る

研究・研修会 全国 秋田県

2018年7月 秋田 「全国造形教育研究大会 秋田大会」開催

全国造形教育研究大会 秋田大会 平成30年7月30日(月)31日(火) 会場 秋田キャッスルホテル 授業会場 山王幼稚園、秋田市立明徳、秋田大学教育文化学部付属小学校・中学校・支援学校、秋田県立美術館 他 (予定) 主催…

続きを見る

研究・研修会 全国 奈良県 美術教育関連サイト〈団体〉

2018年11月 奈良 「第 69 回 造形表現・図画工作・美術教育研究全国大会 ( 奈良大会 )」開催

「第 69 回 造形表現・図画工作・美術教育研究全国大会 ( 奈良大会 )」 〔大会日程等〕 平成30年11月15日(木)・16日(金) 会場 全体会:奈良県文化会館 分科会・授業公開:県内幼稚園・保育所(園)・小学校・…

続きを見る

研究・研修会 全国 東京都

2018年2月17日 東京 全美協主催「造形美術教育フォーラム」

開催日:2018年2月17日(土) 会 場:東洋大学 白山キャンパス 東京都文京区白山5丁目28−20      2号館16階スカイホール 時 間:12:30~受付、13:00~17:00 主 催:全国大学造形美術教員養…

続きを見る

作品展 北海道

北海道 江別市中学校・高校 美術部合同展

2017年11月18日から 北海道江別市において「第3回 江別市中学校・高校 美術部合同展」が開催されます。会場は江別市セラミックアートセンター。 なお会期中には 美術部員を対象とした「陶芸教室」も開催されます。  主催…

続きを見る

作品展 全国

第9回 全国学校図工・美術写真公募展 

日本広告写真家協会(APA)が、美術救育関係者と共に「美術の授業のカメラ」といい取り組みを続けています。以下の趣旨を APA(エーピーエー)のサイトから転載します。(山崎正明) 「第九回 全国学校図工・美術写真展」のため…

続きを見る

研究・研修会 岡山県

11月14日15日 岡山で「造形表現・図画工作・美術教育の研究大会」 

2017年11月14日(火)15日(水) 「第68回 造形表現・図画工作・美術教育研究全国大会」「第33回 中国五県造形教育研究大会」岡山大会 大会テーマ「おもいを育み つながり ひびきあう造形教育」 関連

続きを見る

美術教育関連ニュース

「美術による学び研究会 in 山形」

2018年2月10日「美術による学び研究会」が山形で開催されます。会場は「山形テルサ」詳細は10月中旬に「美術による学び研究会」ウェブサイトで公開されます。 関連

続きを見る

全国 美術教育関連ニュース 長野県

11月17日 長野 全国造形教育研究大会

関連

続きを見る

作品展 大阪府

中学生・高校生作品募集「大阪成蹊全国アート&デザインコンペティション」

大阪成蹊大学 教育研究支援センター様より本サイトへ情報提供をいただきましたので紹介させていただきます。 この度は中学校美術ネットに情報提供をいただきありがとうございました。     ※上記の画像をクリ…

続きを見る

作品展 大阪府

2017年 第4回 絵画コンテスト

NPO法人大阪トルコ日本協会 亀井里佳様より本サイトへ情報提供をいただきましたので紹介させていただきます。 この度は中学校美術ネットに情報提供をいただきありがとうございました。     NPO法人大阪…

続きを見る

美術教育関連ニュース 東京都

映像制作サマーワークショップ「Picture Happiness on Earth 2016-17」参加者募集

日本科学未来館 西岡 真由美 様からワークショップの情報提供をいただきました。 以下、ご案内させていただきます。     日本科学未来館(東京都 お台場)では、アジア太平洋6つの国と地域の中高生がとも…

続きを見る

美術館との連携 石川県

中学生・高校生向けワークショップ 木工魂で作る!「こぶポッケ」~木の中の宝探し~

金沢21世紀美術館の木村健様からワークショップの情報提供をいただきました。 以下、ご案内させていただきます。   このたびは、中学校美術ネットに情報提供をいただき誠にありがとうございました。   &n…

続きを見る

facebook

twitter