研究・研修会 北海道

中学生の絵を見る(札幌)

2011年1月15日札幌で「第3回 子どもの絵を見る会」が開催されました。これについて山崎正明(北海道@千歳市立北斗中学校)がレポートします。

この『絵を見る会』は、小学校、中学校の授業で生まれた作品を互いに見るという ごくシンプルな しかし美術教育の本質に触れる大事な会になっていくと思います。さて、ここでは、札幌の舘内さんの指導から生まれた作品について紹介します。中学校3年生の作品ですが、表現技法がまったく違います。透明な描法も、不透明な描法もあります。遠近の表現も様々です。

このようなことが可能なのは、3年生になるまでにどんな力を身につけさせ、どうに発揮させるかまでを見通しているからです。そしてもうひとつ、何より注目すべきは、子どもが「ここを、こんな風に描きたい」(自分のお気に入りの場所)と強く思う授業をつくっているということです。

それぞれの絵について舘内さんに質問をすると、その絵を描いた生徒の思いを説明してくれます。教師が絵を通して子どもと対話し、子どもの発信をしっかり受信しているからすぐに説明できるのです。小学校と違い、中学校では 指導している生徒の数が多いので、意外と生徒の思いまで受けとめるまでには至っていないこともあります。

さて上の絵を見てください。これは、野球部の子が描いた作品です。もうこれだけで、北海道の先生なら何を描きたかったのかピンと来るでしょう。この絵を見ていた札幌の塚野校長(もと野球少年)は「そうなんだよ、このバックネット裏ね、冬期のこの時期の練習が大事なんだよなあ」と深く、深く共感するのでした。つまり自分の知らない中学生の絵を見て大人がその思いに触れ「共感」して笑顔になっているんです。

この絵は、理科室を描いている事はわかります。鞄が置いてあるのは?舘内さんに伺うと、「これは卓球部の生徒の作品。卓球部の顧問が理科の先生なので、卓球部の控え室は理科室なんです。本当はこのからだと月はここに見えないんですけどね」よく見ると窓には雪がついています。冬場の部活動はすぐ暗くなってしまいます。こんな風にこの絵を見ていくとこの生徒がどんな思いで部活動をしていたのか、想像してしまいます。いいなあ、中学生!って思いました。「低学力」?「ゆとり世代」?中学生をそんな視点からしか捉えないの?

学校教育の中で中学生のデリケートな心情に触れることが出来るのは何といっても「美術」でしょう。あとは「国語」でしょうか。美術教育のこうした価値を知っていれば、「なくてもいい」とは簡単には言えないだろうと思います。「絵画」がコミュニにケーションツールであるなら、この「共感」の姿勢は欠かせないでしょう。

これらの絵は「今を生きる中学生」が伝わってきます。これは自画像と言ってもよいと思います。

あー、この「絵を見る会」に参加できてよかったあ!でもひとつ、もったいないことが、ありました。それは石川さんの指導した絵が時間不足で話題にならなかったことです。私は気になった絵があって、そのことをあとで尋ねました。そこには深いお話がありました。「美術教育は生徒理解や生徒指導の力も持っていますね、」と他の方から言っていただけるような授業だと思いました。

さて、ややもすると 美術教育の研究会で話題になりがちなのが、どのような条件付けをして描かせたらこんなに立派な作品ができるのか、とか、どんな技術指導をすればいいのかとか、そんな話が中心になりがち。そんな話し合いから見える中学生の姿は「集中していた」「頑張っていた」などになることが多い。でも、絵を通して身につける力は「集中」とか「根気」ではないはず。ただ、荒れていて大変な状況下では仕方がない場合もあるでしょうけど。

さて、最後に書いたような問題。それは岐阜の中学校の先生方も指摘しています。「Blog 美術と自然と教育と」

(記事 山崎正明@北海道)

« »

研究・研修会 北海道

10月5日 新しい学習指導要領「図画工作」を語り合う会@札幌

関連

続きを見る

研究・研修会 北海道

2019年7月30日 北海道 旭川で全道造形教育研究大会

関連

続きを見る

作品展 埼玉県

埼玉9月16-23日 うらわ美術館 「図工・美術の授業展2018」

関連

続きを見る

作品展 大分県

8月17-30日 大分県 津久見市立第一中学校「アートと言葉の時間展」

関連

続きを見る

研究・研修会 奈良県

2018年11月15日16日 造形表現図画工作美術教育研究大会 69回 奈良大会

造形表現図画工作美術教育研究大会 69回 奈良大会   関連

続きを見る

研究・研修会 青森県

2019年 東北造形教育研究大会青森大会

関連

続きを見る

研究・研修会 北海道

8月16日17日  日本実践美術教育学会 札幌大会

日本実践美術教育学会     関連

続きを見る

研究・研修会 東京都

8月3日 東京 「新学習指導要領に基づく美術科学習指導の工夫・改善」

関連

続きを見る

研究・研修会 美術館との連携 北海道

2018年8月2日3日 札幌〜美唄 美術による学び研究会 ミニ in 北海道

参加費 1000円(学生は無料) 懇親会費(4000円)当日会場でお支払いください。 申し込みは、e-mailでお願いします。 yamazakimasaaki@mac.com 宛で、メールの件名は「学び研」としてださい。…

続きを見る

研究・研修会 東京都

東京 2018年8月25(土)26(日) 表現ワークショップ テーマ「Ai時代を生き抜く力」

関連

続きを見る

作品展 北海道

「キミの好きな北海道は?小学生・中学生・高校生の絵はがき展」

関連

続きを見る

研究・研修会 北海道

2018年8月2日3日 「美術による学び研究会 ミニ」 in 北海道

2018年8月2日3日 「美術による学び研究会 ミニ」 in 北海道 を開催します。詳細は後日「美術による学び研究会」webサイトで。   関連

続きを見る

作品展 秋田県

2018年2月27日〜3月20日 秋田 「美術の時間展」西仙北中学校

2018年2月27日〜3月20日 秋田 「美術の時間展」(西仙北中学校)が アートギャラリーカフェ「ブランカ」(大仙市大曲中通町316)で開催されます。 関連

続きを見る

研究・研修会 東京都

2018年2月24日  AI 時代の「ひととAI」 

2018年2月24日  AI 時代の「ひととAI」 AI時代の「ひとの学び」を考える教育シンポジウム 会場 女子美術大学 杉並キャンパス7号館     関連

続きを見る

研究・研修会 美術館との連携 美術教育関連ニュース 大分県

2018年3月17日「美術によるまなび研究会 ミニ in 大分」

2018年3月18日 大分県立近代美術館で「美術によるまなび研究会 ミニ in 大分」が開催されます。 テーマは「美術教育のこれまで、これから」 関連

続きを見る

研究・研修会 群馬県

2018年2月11日 群馬 「地方の美術教員養成と美術科教育を考える」

「群馬大学美術教育」展 日時:1/31(水)〜2/11(日) 10:00〜17:00 ※入場無料 https://www.facebook.com/events/148067809245020/ 「緊急シンポジウム:群馬…

続きを見る

作品展 新潟県

2018年 1月27日(土)新潟で「GCL国際ジュニア映画祭」

「GCL国際ジュニア映画祭」は、子どもたちの表現した映像作品の国際交流を目指す企画です。 <グローバルシネリテラシー・プロジェクトについて>  児童・生徒の制作した映像作品を国際的に交流する「グローバル・シネリテラシー(…

続きを見る

美術館との連携 作品展 北海道

2018年1月24~28日 釧路市立美術館 中学生の美術の授業展「Answer Art展」

2018年1月24~28日 釧路市立美術館 中学生の美術の授業展「Answer Art展」が開催されます。 関連

続きを見る

facebook

twitter